なっちょちーずの冷蔵庫

関東在住の24歳男性。 主にグルメ・オタク関連・雑記について書いてます。

【完】最終巻の『だがしかし11巻』を読んだ感想と聖地巡礼の写真(JR内房線竹岡駅)

f:id:nacho___cheese:20180525114250p:plain

漫画だがしかし1巻が2014年9月18日に発売されてから4年後、最終巻であるだがしかし11巻が2018年5月18日に発売されました。

完結した『だがしかし11巻』の感想聖地巡礼に行ったときの写真を載せて『だがしかし』という作品を振り返ってみました。

【スポンサーリンク】

 

11巻の感想

フィギュアが付いてくる特別版ではなく、通常版を購入しました!

f:id:nacho___cheese:20180525114436j:plain

10巻のおさらい

ほたるさんのお父さんが枝垂カンパニーの代表を降りるのが8月。

その時までに枝垂を継ぐのか、自分の会社をたてるのか決めないといけないという。

 「次の夏までに私と来るかここに残るか決めてほしい」とココノツに伝えた。

11巻の感想

冒頭からほたるさんへの回答に頭が真っ白になっていたココノツ。

今まではこのココノツの回答が続く程で毎回読んでいたけど、最終巻ということでどんな結末で終わるのかページをめくるたびにドキドキしながら読んでました。

 

サヤ師・ハジメさん・ほたるさん、3人それぞれココノツと2人きりで話すシーンがあったり、豆くん・紅豊さん・お父さん、たちとも絡むシーンも最終巻でしっかり読めて、だがしかしの世界観好きだなぁって思いました。

 

だがしかしの漫画の中でも、アニメ化を意識した描写がちょくちょく描かれていてそういう描写が好きでした。

「5巻第79かし:マーブル」でカラー映えするマーブルチョコの話題やアニメ映えする描写が描かれていて、「11巻第173かし:ヤングドーナツチョコ味」でもココノツとほたるさんの柱を使ったアニメ映えしそうな描写を見て高まりました。

プール回は1巻であったけど、11巻で海回がきて「うおおおお!!」と高まったけど、結果に返答する夏がきたことを暗に示していて緊張感が走ります。

 

ココノツがマンガで奨励賞を受賞して、ココノツの答えが出ました。

バス停で別れ際の「ココノツくん私と結婚する?」「ココノツ君次までに返事決めといてね。本気だから!」と伝えたほたるさんズルい!というくらい胸を掴まれました。

その1年後、ココノツは連載デビュー。ハジメさんはシカダ駄菓子の店長に、登場キャラクターの近況描写が描かれて、再びほたるさんがやってきて完結。

 巻末にいつも描かれている4コマ漫画のコーナーも良かったですよね!

「最終的に私のところに来るなら何したっていいわよ」と電話でココノツに伝えるほたるさん、その話を聞いたサヤ師の反応がつられてにやけました。

10巻の4コマ漫画で「どうする?うっかり50巻超えたら」というほたるさんの発言も「ちょっと!50巻まで続かないじゃない!」とちゃんと拾ってくれていたのも読んでて嬉しかったです。

1巻の頃は1話読み切りの駄菓子をテーマにしたコメディ漫画と思いきや、甘酸っぱい青春ものの人間模様を含めたお話から目が離せない作品になっていました。

聖地巡礼@JR内房線竹岡駅

2016年5月3日にJR内房線竹岡駅まで聖地巡礼に行ってきました!

千葉駅から竹岡駅まで約1時間30分

そこに自宅から千葉駅までの時間も加算すると小旅行感がでてきます。

 

チーバくんの膝部分にあって、道中は旅感が凄くあって楽しかったです。

f:id:nacho___cheese:20180525180005p:plain

【竹岡駅】

作品内では「掛岡」だけど実際は「竹岡」

f:id:nacho___cheese:20180525172727j:plain

歩道橋もそのまんまありました!

f:id:nacho___cheese:20180525172756j:plain

ほたるさんとココノツが座っていたイスと屋根はありませんでした。

f:id:nacho___cheese:20180525172819j:plain

電車が行ってしまった場面

f:id:nacho___cheese:20180525172845j:plain

カーブもそっくりそのまま

f:id:nacho___cheese:20180525172904j:plain

看板越しの風景

f:id:nacho___cheese:20180525172932j:plain

駅の外観

f:id:nacho___cheese:20180525172959j:plain

駅の中の時刻表

f:id:nacho___cheese:20180525173019j:plain

電車が通る橋

f:id:nacho___cheese:20180525173121j:plain

シカダ駄菓子がある場所

f:id:nacho___cheese:20180525173220j:plain

ほたるさんが立っていた赤灯台

f:id:nacho___cheese:20180525173157j:plain

ほたるさんが歩いていた場所

f:id:nacho___cheese:20180525173426j:plain

豆くんとほたるさんがあった場所

f:id:nacho___cheese:20180525173732j:plain

豆くんがいた場所

f:id:nacho___cheese:20180525173756j:plain

豆くんがしゃがんでいた場所

f:id:nacho___cheese:20180525173449j:plain

豆くんとココノツがはしゃいでいた場所

f:id:nacho___cheese:20180525173532j:plain

それを眺めるサヤ師とほたるさん

f:id:nacho___cheese:20180525173507j:plain

ほたるさんとサヤ師が座っていた場所

f:id:nacho___cheese:20180525173546j:plain

階段と手すり

f:id:nacho___cheese:20180525173602j:plain

鳥居と階段

f:id:nacho___cheese:20180525173658j:plain

以上です!

絵馬を掛けるところには「だがしかし関連のもの」が多くて、アクセスがしやすいって場所でもないのにだがしかしファンの熱意が伝わってきたのを覚えています。

f:id:nacho___cheese:20180525173926j:plain

電車の時刻表です。

1本逃したら次の電車がくるまで約1時間間隔なので、作品内で電車を逃したときのココノツの反応もいざ体験するとより理解しやくなります。

聖地巡礼のときは大まかでも時間感覚が重要!

f:id:nacho___cheese:20180525174116j:plain

竹岡は凄く自然が素敵な場所でした。

ぜひ、だがしかしが好きな人には1度行ってみてもらいたいです!

f:id:nacho___cheese:20180525174203j:plain

感想:また『だがしかし』読める日を待ってます!

巻末のコメントで、コトヤマ先生が「キャラ単体のスピンオフとか読み切りとかはどこかのタイミングでやりたい」と書いてました。

「11巻を買っちゃうとだがしかし終わっちゃうんだよな」と新刊読める喜び半分終わってしまう悲しさ半分で手に取ったのですが、まただがしかし読める日を楽しみに待ってます!

f:id:nacho___cheese:20180525114620j:plain

f:id:nacho___cheese:20180123125158p:plain